Loading...

Loading...

できることと、できないことの境界

2021.09.24
ずっと前から定期的にチェックしていることがあって、「今の自分にできることと、できないことの境界をきちんと引く」というものです。

ごくごく当たり前に聞こえる話です。

しかしながら、健康診断をしてはじめて自分の数値が悪いのに気がつくとか、通帳をみてはじめて散財していたことが分かるとか、絶好調と思っていたけど周囲の人から疲れてないか心配されたとか、そういうことがあります。

動いている自分と動いている自分を見る自分が一緒ですから、脳内で補正をかけることはカンタンです。

この補正がいいことを生むこともありますが、悪い方向に向かうことも多くあります。

ということで何より大事なのは、補正される前の境界線を正しく把握しておくことで、これほど自分の感覚があてにならないものもありません。

Yoichi Yamane 山根陽一

ITをふんだんに使うビジネスを一緒に考えませんか?
お問い合わせはこちらから