Loading...

Loading...

日常生活で何気ないことを数えるクセ

2021.11.25
日常生活で何気ないことを数えるクセがついていて、最近は朝の通勤時の危なさをカウントをしています。

出発する時間によって、どのぐらいハッとする危ないことにぶつかるかというものです。

雨のこの時間だと6回は危ないと思う場面にぶつかったとか、晴れていてちょっと早めの時間だと何もなかったとか。

もし何らかアクシデントに巻き込まれる可能性が1万回に1回だとすれば、1日6回だと1666日(4.5年)の間のどこかに何かあるからまずいかもなあといった感じです。

本当にそういう確率かもよくわかりませんが、特定の時間帯に小学生も中学生も親御さんもみんな走っていたりするものです。

Yoichi Yamane 山根陽一
ITをふんだんに使うビジネスを一緒に考えませんか?
お問い合わせはこちらから