Loading...

Loading...

良いニュース、悪いニュースで考えること

2022.03.23
起業したての頃に思っていたのは、毎日風向きが変わるんだなあということです。

大きな組織にいれば日常が変わらないように感じられますが、数人の組織だと日々変わっていきます。

今日良くても明日悪いニュースが入るかもしれず、今日悪くても明日よくなるかもしれません。

そんな中で、一つだけ心がけていたのは「ピンチでの対処をきちんとやる」です。

悪いニュースであるほど手元が疎かになりがちですから、じっと状況を観察してシナリオを作るしかありません。

Yoichi Yamane 山根陽一

ABOUT事業紹介


Sqollは、もくもくとアイデアを出し、ざばっーと企画にまとめる会社です。

Mogicグループの企画

湧き上がるアイデアから、年間20本前後の企画に絞り、シミュレーション/スケーラビリティなどを検証しています。

 

新しい事業のサポーター

外部より相談を受けて、事業の立ち上げで週1回〜月1回のオンライン・コンサルティングを行っています。

ITをふんだんに使うビジネスを一緒に考えませんか?
お問い合わせはこちらから