Loading...

Loading...

学習性有力感

2022.04.13
学習性有力感という言葉はないのかなと思っていました。

その反対で「学習性無力感」という心理用語は有名です。

学習性無力感をWikiから引用しますと

------
学習性無力感(がくしゅうせいむりょくかん、英: Learned helplessness)とは、長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。
------

そうではなくて、逆の学習的有力感を勝手に定義するなら

「ストレスや困難な環境にあっても、視点を移動することで希望を保ち続け、努力しつづけられる」

ということになるでしょう。ちょっと前に流行ったGRITという言葉になるのかもしれません。

Yoichi Yamane 山根陽一

ABOUT事業紹介


Sqollは、もくもくとアイデアを出し、ざばっーと企画にまとめる会社です。

Mogicグループの企画

湧き上がるアイデアから、年間20本前後の企画に絞り、シミュレーション/スケーラビリティなどを検証しています。

 

新しい事業のサポーター

外部より相談を受けて、事業の立ち上げで週1回〜月1回のオンライン・コンサルティングを行っています。

ITをふんだんに使うビジネスを一緒に考えませんか?
お問い合わせはこちらから