Loading...

Loading...

フィットする働き方を模索する季節

2022.05.20
最近、そういう季節なのか経営やフリーランスの相談が多くあります。

先日は、とあるフリーランスの方で「自分がトップで決めるのに疲れてきた」という話でした。

(ちなみに概要を書くことに許可をもらっています)

会社員でやっていたころは「上司の意見が違うなあ、会社の方針が違うなあ、もっと自分だったら」と思っていたそうです。

実際にフリーランスでやっていくと自由なのですが、楽しいのは最初だけであとは自由すぎて作業はこなすものの、新しいことをやれていないことに焦りを感じるということ。

働きすぎても誰も止めてくれませんし、アドバイスもくれませんし、正しいかどうかもわかりません。

誰かが決めてくれるありがたみが分かったようでした。

このあたり性格が大きく関係しますから、フリーランスでもパートナーとして誰かを一緒にやった方がいいかもねと、ゆるくアドバイスしました。

働き方が増えていくので、フィットするスタイルを見つけるのも一苦労です。

Yoichi Yamane 山根陽一

ABOUT事業紹介


Sqollは、もくもくとアイデアを出し、ざばっーと企画にまとめる会社です。

Mogicグループの企画

湧き上がるアイデアから、年間20本前後の企画に絞り、シミュレーション/スケーラビリティなどを検証しています。

 

新しい事業のサポーター

外部より相談を受けて、事業の立ち上げで週1回〜月1回のオンライン・コンサルティングを行っています。

ITをふんだんに使うビジネスを一緒に考えませんか?
お問い合わせはこちらから